このブログは大航海時代エウロス鯖でプレイしてる海賊Tの脳汁ビッュビッュなブログデス


by travis98
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

まとめて航海!

前回の更新から、ひと月とちょっと・・
そして、1月5日の日記で大航海の目標としていた週一回以上の更新を早くもやぶってしまいました(笑





ということで、この一ヶ月ちょいにあったことを色々書くぞ!!!
まず、大型パッチがありましたねぇ~ 色々と変更があったけど、その中でもこれはGJっていうのはこれ!
e0083929_14431057.jpg

クマアアアアアアア!これは陽介から借りて着せてもらったのですが、これはイイ!
これの為に生物学者になって15を目指したり、これを見て大航海を始めようという人もいるのではないでしょうか?
大型パッチでレベル上限が60までになったのですが、メインの軍人では私はあまりぷれいしておらず、セカンドの商人でガンガン稼ぎまくっておりまして、大規模な投資をしました!

e0083929_14481186.jpg

491Mも入れちまいました!しかし、これもネーデルのためにドンドンつぎ込みまっせ~
まぁ、次の日にはスグに取り返されたんですけどねぇ orz

ネーデルのツアーも頻繁に行われておりまして、そのときは私達は護衛をしておりましたんですが、ついにツアーで初の被害者がでてしまいまして・・・その被害現場にいたのですが、あともう少しのところで仕掛けるのが間に合わず・・・援軍要請書を皆さんもっていきましょう!
e0083929_14541912.jpg

これは、そのときに沈めたイングランドの海賊さん、借りは必ず返すそうです。オソロシヤー

あとはマッタリとカリブで商会員の皆様と海事上げしたり
e0083929_14574230.jpg

ロンドンで陽介に強制シャウトさせたりと大航海を満喫しておりましたw

そして、昨日!最強の商会ぃぃぃぃ! でてぇっぇええ!こいやぁぁぁぁああ!(高田風
ということで、私の憧れの商会、パルケエスパーニャさん主催の有頂天エウロスEカップに出場してきました!!参加艦隊数50以上の物凄いでかい規模の大会ですねえ・・・ウッドさん・・あんたの行動力は凄すぎや・・・
e0083929_15554655.jpg
普段は怪しげな仮面を愛用しているのですが、最近は熊がお気に入りのようです。

私の艦隊メンバーは提督にホレイショ・ダルピョンとデミトリーの3人で出陣です。英国時代から組んでおりまして、カリブやカリカットでのPKKとの死闘、大海戦といった中、常に組んできた奴らですので、チャットを打たなくても何となく、その相手の動きで連携が取れるのでやりやすいっす!他に4艦隊のオールージュ艦隊と出撃っす!

まずは初戦、イスパランカー私略の合資がいる、ジョニーウォーカー艦隊との対戦!
開戦と同時のケツ追い合戦時にデミが旋回をミスっていきなり912を食らい、あせりましたが、
超接近戦に相手方の提督を巻き込み、敵提督をデミがケツクリで倒し初戦突破!!
私も混乱白兵をくらったりと、かなり危ない場面もありましたが、無事勝ててよかった~

二回戦はヴォルテール コールスロー 伝説ぉ嵐のオールージュと対戦!
同門対決は決勝とかでやりたかったのですが・・・Aブロックにはオールージュ艦隊が三艦隊もいて、ダルピョンのくじ運悪すぎます^^;
ケツ追いからはじまり、ライン際の攻防になったのですが、最後は私のケツクリで勝利をゲット!一人でもラインから出ると負けになるらしいので、ライン際は怖いですねえ~

三回戦はクロムハーツ艦隊と対戦! こちらの連携で提督以外の2艦隊を沈めて、最後にまたしてもライン際の攻防になりましてデミトリーと敵提督が横で打ち合っている間に恐る恐る帆の調整をして船首をラインギリギリのところで止めて、私のケツクリで見事勝利をゲッツ!
ライン際の魔術師と呼んでくれ言ったら、ダルにアホカ 言われました(笑

準々決勝はこれまたオールージュのらう Guren 陽介の艦隊と対戦!
前日の模擬でもかなり負けたので、厳しい戦いになるだろうなぁ~と思っていたら、予感は的中!超厳しい戦いになりました・・・・まずは旋回戦でバラけたとこを一気に提督のらうを沈めるぜ~と陽介 らうのいたとこにデミと私で突撃をしたのですが、まず、らうのキャノン70門をまともに横で400も食らってしまい、続けざまに陽介がケツに忍び寄ってきたのですが、キャノンならば、この距離ケツクリを食らっても耐えてみせる!!と思っていたのですが・・・・・
e0083929_16354155.jpg

orz=3 見事に沈んでしまいました;; 後から聞いた話なのですが、この一戦だけ陽介はカロネードに変えた、そうなのですがログを見ると、らうから横400を食らったときに、アセって修理をしていなかったのでキャノンでも私は沈んでいたと思います;; 陽介やりおるわい・・見事に私の屍を超えていった・・・・
一番やってはいけない3vs3時の撃沈をやらかしてしまい、祈るような気持ちで試合をみていたのですが、ここからのダルデミコンビは凄かった・・・デミがGurenとらうを引き付けてる間に、ダルの一発入魂のペリエ56門で陽介の船首に900以上のダメージを与えて、陽介を轟沈!!!続けざまにダルデミの無言の連携でGurenを機雷地帯に誘い込み、機雷を踏んでいる間にデミがGurenのケツをとらえGuren撃破!!
最後にデミが白兵で、らうを捕捉してる間にダルのフルファイヤで提督らうも撃破し見事に混戦Aブロックの代表に!!!!!
いや~マジでこの二人は凄かったぜ・・・同じ日に野球のワールドカップがやっていたのですが、陽介を沈めたダルピョンは七回に2ランホームランを打った福留に見えたし、デミはいぶし銀の活躍をしていた、宮本にみえました(笑  え~・・・私は福留の前の打席で送りバントを失敗した多村の気持ちが物凄いわかりましたねぇ orz

Aブロック代表とBブロック代表による準決勝!相手はサイコ・マイクロ軍団との対決です!
Bブロックの強豪艦隊、宿敵ポル私略艦隊を倒しているだけに、かなり白熱した戦いになりそうです!序盤は5日間くらいお互い牽制しあっていたのですが・・戦局が大きく変わったのは、ある雑誌の記者が準々決勝から同行していたのですが、その船にサイコ艦隊の人が引っかかって白兵になってしまうというアクシデントががが!白兵はスグに終わったのですが、引っかかった人がフルファイヤで取材船を砲撃して轟沈!w 
その僅かなスキをデミと私で突撃して2v2の超接近戦に突入!白兵やらで揉みあっている間に私が相手艦隊の一人に船尾クリをぶち込み、耐久が少ない状態で続けざまにデミが横砲撃で相手の一人を沈め、デミが相手提督の所へ行き、タイマンしている間に、もう一人を私が白兵で捕らえ白煙弾と碇のスペシャルコースをしている間にダルが相手のケツに停船して白兵が終わった瞬間に、ペリエフルファイヤーで沈め、最後は私がサイコの船尾を砲撃して決勝へ進出!!熱い試合だったぜええ!

決勝はレイナード艦隊との対戦!CブロックDブロックの代表は英国精鋭のPGCのどちらかかなと予想していたのですが、何と!その2艦隊を倒したレイナード艦隊でした!
これはかなりの強さ・・・慎重に各個撃破し、そして・・・・・・
e0083929_1722694.jpg

キタアアアア! 白兵私が捕らえている間にダルピョンが最後にきめました!!
戦いのSSが沈んだやつとこれしかなくてすいません;;;
そして、表彰式 優勝賞金は200Mでした!まいうう~
e0083929_17271223.jpg

パルケエスパーニャ様の面々に祝福される、ダルピョン艦隊。
パルケエスパーニャの皆様!そして、運営に協力してくれた審判の人たちやバザーを開いてくれた方!素晴らしく息の合った演奏をしてくれた楽団の皆様!!素晴らしい大会でした!
大航海時代というゲームに出会えて良かったなと本当に思えました・・・ありがとう;;!!
e0083929_17332551.jpg

そして感動のフィナーレ FF12に熱中のデッシュはよクリアせい!!

まとめ 久々の対人の大会でしたが規模がかつてないほどでかくて燃えましたねえ~
一番苦戦したのは、らう艦隊でしたな~お互いスキルや動きなど手の内を知っているのでやりにくかったですわ~最初に沈んだのは私でしたしねぇ~@@
印象に残ったのはシルバーシャドウ率いる桜花艦隊ですね~戦列艦、重ガレオン系が当たり前になりつつあるなか、戦闘ガレオンの方がいる中、見事にCブロックの代表決定戦まで、勝ち残りました。
試合をみていたのですが、やはり戦闘ガレオンの方が狙われるのですが、その粘りが凄かった
クリを食らっても中々沈まず囲まれても、その包囲を突破したりとマジ感動しました!カリスマイケメンに鍛えられて、更なる活躍を期待しております!殊勲賞があったら、桜花商会にあげたいですねえ~
20時から始まり終わったのが3時と非常に長丁場な大会で非常にみなさんも疲れたことでしょう!私の文章も久々とあってかなり長くなってしまいました・・・ひとつ疑問におもったのですが、ブログとかにある「続きを見る」ってやつはどうやるのでしょうか?@@ 教えてください~!
最後に新レシピで出たブブランツリーでも食べて疲れを癒してくれい!!
e0083929_17515418.jpg

うまそうなブブランツリーだろ? それではお疲れさんっした!!!
[PR]
by travis98 | 2006-03-20 16:55 | 思い出